月別アーカイブ: 2014年6月

トイレと洗面所、お風呂の位置について

家の間取りを考えた時に水回りの配置は悩むところですが、意外と忘れがちなのが、いつ使うのかについてです。
まずトイレはできるだけ寝室近く、できれば玄関近く、として団らんの場所から少し距離があることが大切です。

起きている時間に行くトイレは多少遠くても苦になりませんが、夜寝ているとき、帰宅してすぐはできるだけトイレまでの距離が近い方が断然便利です。
また、団らんの場所や食卓から近いと音が気になります。

実際に以前住んでいた家はダイニングのそばにトイレがあり、遮音性も低かったので、音がすごく気になりました。
そしてお子さんがいる場合は洗面所やお風呂と出入り口の位置関係も忘れてはいけません。

帰宅してすぐの手洗いうがいの習慣づけは大切ですし、泥んこで汚れて帰ってきたらお風呂に直行させたいですよね。
でも洗面所はお風呂近くが便利だし、お風呂は玄関から近いと視線や真冬の寒さが気になります。

そこで、玄関近くには小さな手洗いとひとつ、お風呂はキッチンそばに配置し、近くに勝手口を設置します。
すると家事動線も良くなりますしオススメです。