マンションでの暮らし、数人の社員

マンションの1階に捨ててあったソファーを持って帰ることもあります。
群青色のような紫色のソファーになりますが、状態がよくまだまだ使えるソファーなので持って帰って使うという按配です。

結局そのソファーは退居するときに他の社員に譲渡するまで使っていました。
同じところに数人の社員が住んでいながら、不思議なことにばったり会うということが一度もないから、不思議に思えてきます。

そんなに出入りするタイミングが違うものかといわんばかりです。
出入りする場面を出窓から見ることはありますが、実際に同時に出入りするということがないわけです。

エレベータは一個しかないから、ときにはばったり会うことがありそうですが、それも一度もないという時間がずれまくることばかりです。
とくに帰りは時間がバラバラになるのはわかりますが、行きの時間にもなかなか会わないことばかりになっています。

しかし、ピンポーンとインターホンが鳴るのは日常茶飯事です。

頼むなら、やっぱり大手企業

以前住んでいたのは新築分譲マンションで、結婚してすぐに契約しました。
立地や設備の割には、近隣の相場よりも安く、また機械式駐車場の権利も分譲で購入したので、本当に快適に住むことが出来ました。

そんな中、無理のないローン金額で一戸建てを購入できることとなり、売却活動を始めました。
5社以上の不動産会社の方々に見積もりに来ていただき、それぞれ売り出し金額をお聞きしましたが、最高と最低で500万円以上の差があり、会社によっていろいろな基準があるんだなと驚きました。

その中で、地元密着の小さな不動産会社の営業マンさんを気に入って、売却契約を結んだのですが・・・。
なかなか顧客からの問い合わせが来ず、残念ながら契約期間満了までに売ることができませんでした。

売却するなら相場をチェックしたほうが、マンションは高く売れますね。
マンション売却 | すぐに売却相場を知ってマンションを高く売るには
http://xn--jp-8h4argvb2dc8771ey6iizbw43n.com

「もっと集客力があるところにお願いしよう」ということで、別の不動産会社と再契約。
やはり大手はすごいですね。

興味のある顧客を何件も連れてきていただき、無事に成約を取ることができました。